Ctrlキーを押して離す操作に他のキーを割り当てると便利

親指F13その後。前提:CapsLockをCtrlに、無変換をF13に、変換をBackspaceに割り当てている。以下はAutoHotKeyの設定。 Ctrl+F13をEnterにしたが、やはり親指だけでEnterできることとは壁があって、F13をエンターに戻した。 F13::send, {Enter} そうなるとIM…

「あなたは多様性がない」はありうるのか

多様性を押しつけるのは多様的ではないっていう歩きづらさって書いて気づいたんだけど、「多様性を押しつけるのは多様的ではない」っていうのはべつに自分にとって問題ではない。多様性を押しつけたい欲求がべつにないので。多様性を押しつけるような外敵と…

表示枠という近代フレーム

ダイバーシティというもののそれ感やこれ感をフィクションのシーンから切り取る話のつづき。「境界線上のホライゾン」のアニメ第1話が好きで、クラスメイトたちがわちゃわちゃと街を駆け巡っているところが、はー、ダイバーシティ。表層はバラバラなのに、そ…

計算機科学忍法

落合陽一さんの動画をいろいろ観ていた。対談やゲストトークも多いけど、ひとりでしゃべっているのが一番しっくりくる。 大学1年生向けなので情報密度が適度(当人比)な感じがします。 まず思うのがメディアアーティストという肩書のうさんのくさみでハイパ…

経理のひとの仕事

経理のひとの仕事を知りたくて、会計の入門書は読んだことあるけど、思ったより(その知識からは経理のひとの仕事が)わからなくて、会計の入門書というより経理のひとの仕事に関する簡単な本というのがここで求めているものだと思ってそういうものを探して…

7月の読書メーター

7月の読書メーター読んだ本の数:8読んだページ数:1896ナイス数:10AI vs. 教科書が読めない子どもたちの感想AI技術と中高生が文章を読めないの本。読了日:07月31日 著者:新井 紀子すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)の感想努…

日記

カンバン仕事術作者: Marcus Hammarberg,Joakim Sundén,原田騎郎,安井力,吉羽龍太郎,角征典,?木正弘出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2016/03/26メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (8件) を見るとてもおもしろい。以前ちょっ…

音と光

地下アイドルのライブに行ってライブを観ているときに楽しいと感じる時間の割合は自分は2割くらいですが、そのなかで楽しくないときのピークに覚える言葉は「音と光だなあ」というものです。目の前に音と光のパターンが構成され、一般にそれはエンターテイメ…

YouTubeで動画を観ているとたまにガタッとずれるように感じる現象と、そもそも最初から動画の端が見切れていたこと

まとめると、YouTubeの動画プレーヤのサイズはスクロールバーに起因するよくない挙動がある(FirefoxとChromeで確認)ので、ユーザースタイルシートでスクロールバーをはじめから表示するようにすることで、ましになりました。 html { overflow-y: scroll; }…

親指F13

英数を無変換に割り当てて非トグルで入力状態を切り替えられるようになったのはよいが、やはり左手でエンターを押せないのは寂しく、かといって余っているキーも見いだせない。キーボードの左側にテンキーを置いて左手の小指でエンターを押せるとよいのでは…

無変換と変換に好きなキーを割り当ててWindows日本語キーボードから抜け出せない勢

長らく、無変換にEnter、変換にBackspaceを割り当てていたのですが、半角/全角の切り替えがトグルなのはなーというなかで、全角にするときはひらがなキーを押せばよく、半角は普通ならCapsLock、というか英数キーですが、そこにはCtrlという先客がいます。Ct…

4月の読書メーター

4月の読書メーター読んだ本の数:6読んだページ数:1646ナイス数:3これからのSIerの話をしよう エンジニアの働き方改革 (Think IT BOOKS)の感想SIerというか組織づくりやプロジェクトマネジメント一般。平易な書き味。こういうのを管理職とエンジニアがいっ…

PhpStormとブラウザを行ったり来たりしたいとき

思いえがいているウインドウをパッと開きたいという欲求があると思います。タスクランチャーとか昔は流行ってたというか、それはわからないけど、フリーソフトとか好きなひとにはもてはやされていた印象あります。でも開くのに2ステップ以上かかるのはいやな…

UpsourceとYouTrackをHubってチームとプロジェクトを普通に一元管理するまで

プログラミングの仕事をチームでいい感じにやるための、JetBrainsというすごい会社が出しているツールを使おうとした話です。概念をつかめていないのと、できること、できないことが混乱してだいぶハマってしまったので、結果的に通れた道筋を書いておく。は…

ほん

超人の秘密:エクストリームスポーツとフロー体験作者: スティーヴン・コトラー,熊谷玲美出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2015/10/22メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見るフローとエクストリームスポーツの両方に興味がある…

データの見えざる手 ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則作者: 矢野和男出版社/メーカー: 草思社発売日: 2014/09/24メディア: Kindle版この商品を含むブログ (9件) を見る夢があっていいですね。こういうセンサ×ポジティブ心理学的って統計的…

『炭水化物が人類を滅ぼす〜糖質制限からみた生命の科学』感想

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)作者: 夏井睦出版社/メーカー: 光文社発売日: 2013/10/17メディア: 新書この商品を含むブログ (28件) を見る世界観とかモデルなんだよなあ。こう考えてみるとつじつまが合いますっていう理解…

秋葉龍一『スポーツの至高体験』感想

スポーツの至高体験(ピークエクスペリエンス・ゾーン・フロー)作者: 秋場龍一出版社/メーカー: 言葉の風発売日: 2013/08/25メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るおもしろかったー。スポーツかー、うーんどうだろうって思ったけど、私的で詩的な文…

#百学連環 刊行記念対談

『「百学連環」を読む』刊行記念対談&サイン会終始リラックスした対談でよい雰囲気だった。ほぼ満員で驚いた。どういう界隈なんだろう。レジュメみたいな資料集みたいなプリントももらって、こういうの懐かしいなとw この手の本は最近めっきり読んでなくて…

握手したこと券

支持政党なしの投票システム、支持政党なし支持者だけが参加できるならいいけど、支持政党なし支持者以外も参加できるのだとプレミア感ないから、握手会等のリアルイベントを開いて握手券(主催者が参加者に配る、握手権券ではなくて「握手したこと」券)を…

スプリンター

スプリンター(1) (少年サンデーコミックス)作者: 小山ゆう出版社/メーカー: 小学館発売日: 2013/01/01メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る昭和のマンガなのに古くささを1ミリも感じなくてオカシイ。

最近気づいたことなんだけど、作品の視聴を継続するか否かについて、「おもしろいかおもしろくないか」を考えて「おもしろくない」と考えたならば視聴をやめるとすると簡単だと気づいた。

佐々木眞一『現場からオフィスまで、全社で展開する トヨタの自工程完結』

現場からオフィスまで、全社で展開する トヨタの自工程完結―――リーダーになる人の仕事の進め方作者: 佐々木眞一出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2015/11/13メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見る製造の話かと思いきや…

笹山敬輔『幻の近代アイドル史』

アイドル史じゃなくてオタク史だこれw幻の近代アイドル史: 明治・大正・昭和の大衆芸能盛衰記 (フィギュール彩)作者: 笹山敬輔出版社/メーカー: 彩流社発売日: 2014/05/15メディア: 単行本この商品を含むブログ (11件) を見る昔のアイドル的存在をいまのド…

姫乃たまさんとゆっふぃーの対談でオタク同士が仲良くなるとうれしいって言ってて「こいつらでさえそうなのかよ……」って思ったんだけど、そんななか「便利に使えばいいよ」と言ってのける絵恋ちゃんさんはやっぱり違うなと思ったよね。

グラゼニ4

うわ、いいなあ。シンプル。なんでいいときとわるいときがあって、それはなぜか、っていうのがわからないという問いがあって、でもそれはわからないんだえkど、いいときのあとはいい気分になって、わるいときのあとはわるい気分になる。あ、こっち側はめち…

darui. たくさん寝てもだるい。

ちょっと読んだりしてるけど、やっぱりおもしろいなあ。読んでなかったこと、やってなかったこと、久しぶりにすると、おもしろい。まったく前進してないしむしろ3歩戻ってるところから1歩進んだ的だけど。 記憶っていうものが基本的に備わっていない感じがあ…

ぴ〜あいぴ〜、はまのさんがしんでらすらびさんが(自立したユニットとして)生まれたの、まさにぴ〜あいぴ〜の理念を体現していてすばらしい。

アイドルの「この日は絶対に来てください」ツイートに「いや、行きたいライブに行くんだよ」って思った自分のクズさに感心したので俺しか口上の「行きたいライブがあるんだよ」を「行きたいライブに行くんだよ」に改訂する案が浮かんだ。